ジュニアテニス 指導法

ジュニアテニスの指導法がわからない


実績を上げているジュニアテニスの指導者はどのように教えているのか


スポーツにおける指導法上達の秘訣は一流の指導者の教え方を知り、それを取り入れることです、しかし実際に忙しい一流の指導者と交流したり、講習会に参加するなどの機会はなかなかないですよね。
でもそれを可能にする一つの方法としてDVDがあります。

全日本ジュニア優勝選手・準優勝選手、高校インターハイ優勝、全日本代表選出など、小中学生のテニス強豪プレーヤーを多く排出している「朝霞サンライズテニススクール」の佐久間コーチの指導法を伝授してもらえるDVDがあります。


時短にこだわる一流の指導法・練習方法

基礎的技術の反復練習は余計?

ジュニア・テニスの練習方法をネットで検索していると情報はある程度出てきます。しかしそれらの指導法に共通しているのは「ありきたりの練習方法」「基礎的な技術の反復練習」を説いているものばかりです。つまり指導者にとってはあまり参考にならないばかりか、やはり反復練習が重要だと勘違いの常識を更に深められてしまうという悪影響も受けてしまいます。

サーブの練習は無意味?

たいていのコーチはサーブをフォールトやネットにならないように、ミスのない確実なサーブの練習を繰り返させると思います。
しかし相手に返されやすいサーブをいくら練習しても得点力は上がりません。これらの練習を繰り返してやらせるのは全くのムダで、やるべきは別にあるというのが佐藤コーチの時短練習法です。


このDVDは新しく2020年10月28日に発売されました。





ジュニアテニス上達革命〜全国大会優勝・ベスト4以上の選手が実践する練習内容と選手育成術〜【テニスサンライズ朝露ヘッドコーチ 佐久間崇弘 指導・監修】


この佐久間コーチのいるテニスクラブで指導を受けると、それまでは普通の小中学生だったのが全国レベルで次々に飛躍的な勝率をあげるようになるというのです。

サンライズテニススクールの佐久間崇弘コーチは独自の練習法を生み出しその指導法で多くの実績をあげています。

佐久間 崇弘コーチの指導法は「全日本ジュニア・全日本選手権を目指す選手の育成と強化を目的としたアカデミークラス」において、個々の選手の実力を見極め、その実力レベルよりもほんの少しだけ難易度の高い練習法を指導することで、多くの一般的なレベルの選手を全国レベルの強豪選手に激変させることで知られています。




ジュニアテニスの指導法が公開されています

実績のあるジュニアテニスコーチの指導法による練習


どんな練習方法が公開されているのでしょうか?
〜トップジュニア選手が反復している基本ショットと実践的ラリー練習〜(DVD1)

これを教えると生徒のやる気が劇的にアップする:
ラファエル・ナダルが多用する「ウィンドミル」の打ち方

錦織圭の「エア・ケイ」につながるジャンピングショットを教える
ジュニア憧れのスーパーショット「ジャックナイフ」の打ち方

試合の流れを掴むボレーの指導法
基本のボレーを決めるための2つのポイントとは?

得点力がアップするスピンサーブを覚えさせる
フラットサーブとスライスサーブ、スピンサーブを使い分けるポイント

怪我の防止もコーチの指導法のひとつ
ウォーミングアップのショートラリーで重要な2つのポイントとは?

圧倒的な得点力アップをあげさせ得る
速いボールを打たれた時にスピンをかけて返すには?

試合を優位に進めるポイントを教える
速いボールを打たれた時にカウンターで決めることができてますか?

全力のスイングでボールコントロールする
全国レベルのジュニア選手が実践するウォーミングアップのロングラリー

ボールが落ちる位置の一瞬の判断力を上げさせる
ジュニアにおススメのライジングショットの打ち方を徹底解説

スマッシュのシンプルな極意、あるポイントを狙うことを教える
スマッシュを決めるためのシンプルな極意を解説!

相手のショットを狂わせるスライス
スピンとスライスで打ち合う練習があります。








実績に裏打ちされたジュニアテニスの指導法

ジュニアテニスの指導者の疑問を解決


ジュニアテニスの指導法のポイント

全国大会に出場レベルのトップ選手と普通の選手はどこが違う?

ジュニアテニス指導者の憂鬱

指導しているジュニア選手がいつも負けてしまう

同じ練習メニューなのに自分の子供だけ上達しない

地元ではそこそこだが全国レベルには遠く及ばない

実績のあるコーチ・指導者の秘密の指導法、練習方法を見てみたい。

練習でのショットミスが多い、自分の指導方法に不安を覚える

最後ま粘り強く頑張って勝ち取るメンタルに欠けている

これまでのジュニアテニスの指導者が陥ってしまう思いがけない常識とは?

上達できる子と、できない子とのレベルに大きなギャップを作ってしまう
ミスに対するコーチの姿勢
少しだけ負荷の高い練習で選手のレベルが驚異的に上がる

全日本ジュニア常連の選手が楽しみながら上達できる練習法

厳しすぎる指導のせいで選手が日々リラックスしてプレイすることができない
簡単な練習はやっても退屈なだけで意味はあまりない
ミスに対しては寛大に、練習でミスが出るのは当たり前、ミスも認めて指導する

DVDではミスショットも一切編集カットすることなく収録されています。

選手が練習中にミスすることで、指導者がイラつくと生徒も緊張して思うような練習ができない、それは指導に自信がないのかもしれませんね。


ひ弱な選手を強化する指導法のポイント


難易度の高いライジングショットのアドバンテージ

女子選手や小学生など筋力の弱いジュニア選手でも相手のボールの勢いを利用しより強いショットが打てるようになる
強いショットはと句点UPにつながる





ライジングショットが打てるようになる3つのポイント


ボールのスピードや飛んでくる高さから自分がどこに入って打つかを瞬時に判断する

普段の練習からボールの位置を予測する習慣をすることが重要
ボールの高さに合わせてコンパクトにスイングする

高さに合わせてできるだけテイクバックをコンパクトにする
相手のタイミングをずらす
前後の判断を意識しながら高い所に入り込んで打つ

ボールが低いところでなく高いところに入り込んで打つ練習をします。
これが相手に時間を与えないことで速い攻撃ができるようになります。

ライジングショットのポイントを知らないだけで単純に得点パターンが一つ減ってしまうことになりますね。





ここではこの上達革命DVDについての口コミ・評判などの情報をさらに集めていきます。

情報はいまのところここまでですが、役立つ情報をお知らせできるようにしたいと思っています。

 

サイトマップ